メンズコーデまとめ 初心者ファッション

似合う服が見つかる!メンズファッションのシルエット6パターンを骨格から解説

骨格と体型に似合うメンズファッションのシルエット

https://ashbfashion.com

みなさんは、あまり考えずにシルエットを選んでいるのはないかな?

ファッションを楽しむならそれでもOK。

ただ、自分の体型に合わせてかっこよさを最大値まで上げたいなら、骨格とシルエットの相性が重要です。

そこで、まず冒頭で自分の骨格を知り、一番似合うシルエットを紹介します。

具体的な流れは以下の通りです。

  • 手から自分の骨格を知る
  • シルエット6パターンの紹介

これを見れば、自分に似合うシルエットが見つかります。

手を見るとわかる骨格とラインの相性

早速ですが、メンズの骨格は3つあります。

  • 骨格ストレート
  • 骨格ナチュラル
  • 骨格ウェーブ

これらの骨格は、自分の手を見ればわかります。

そこで、どんな特徴があるのかそれぞれの条件を紹介します。

ただし、条件に全部当てはまる人はいないので「これかなぁ」くらいの感覚で調べてみてください。

ストレートタイプ

骨格ストレート

骨格ストレートの特徴は以下の通り。

  • 鎖骨や関節の骨が目立たない
  • 手が小さく短い
  • 手首が丸い
  • 首が短い
  • 筋肉がつきやすい
  • 上半身にボリュームがある

特に似合うのがIライン

ジャストサイズの洋服は、全体のバランスが最もよく見せられます。

メリハリのある体型なので、着ぶくれするワイドパンツ・コート・オーバーサイズは苦手です。

対策は、ハリのあるワイドパンツを選ぶ、コートはジャストサイズを選ぶとスッキリと着こなせます。

オーバーサイズは、シンプルでそこそこ長さのあるトップス【シャツなど】を選べば、割に着こなしやすいです。

ナチュラルタイプ

骨格ナチュラル

【骨格ナチュラル】の特徴は以下のとおりです。

  • 手が大きい
  • 手の甲の筋がはっきり見える
  • 鎖骨・肩・関節など、骨がゴツゴツと目立つ
  • 膝の関節もゴツゴツとしている

ほとんどのラインが似合う、最も似合うのは大きめの服。

体の薄さが際立つ体型なので、ボリューム感のあるラインが似合います。

着る服にほぼ困らないので、羨ましいラインです。

ウェーブタイプ

骨格ウェーブ

骨格ウェーブの特徴は以下のとおり。

  • 手首が細い
  • 指も細くて長い
  • 関節が目立たない
  • 上半身が細い、下半身は太め
  • 筋トレしても筋肉がつきにくい

最も似合うのはAライン

上半身が薄いので、オーバーサイズのトップスは着られている感が出やすいです。

ウェーブと相性が良いライン

6つのラインを紹介

まず、ラインの一覧を紹介します。

似合う骨格メリット
Iライン特にストレートに似合う足が長く見える
Yラインナチュラルぽっちゃりお腹を隠せる
Aラインウェーブ・ナチュラル短足が目立ちにく
Hラインナチュラル体の気になる部分を隠せる
Xラインウェーブ体をスリムに見せられる
Oラインナチュラル小顔効果を狙える

Iラインシルエット

Iラインシルエットの特徴
特徴
似合う骨格◎ストレート
◯ナチュラル
◯ウェーブ
特におすすめの人低身長・ぽっちゃり

男性なら、ほぼ似合うシルエット。

Iラインシルエットは、ジャストサイズのパンツとトップスを合わせる着こなしです。

最大まで体型をきれいに見せたいときに使えます。

  • 落ち着いた雰囲気を出せる
  • 足をスリムで長く見せられる

普段着からビジネスまで(スーツはIラインを意識して作っている)利用頻度が高いシルエットです。

特にドレスコードが求められるシーンで大活躍します。

ドレスコードとは

時間、場所、場面にふさわしい服装ルールこと。

Iラインは【冠婚葬祭】【高級レストラン】【ホテル同窓会】【デート】用の服装に使えます。

着こなしのコツ

下半身は、スリム~ジャストサイズのパンツで固定。

ユニクロの感動ジャケットを合わせるだけでIラインを作れるので、難易度が低いです。

Iラインを作りやすいブランド

  • ブルックスブラザーズ
  • ユニクロ
  • セオリー

Yラインシルエット

Yラインコーデ
特徴
特に似合う骨格ウェーブ
ナチュラル
特におすすめ人華奢な人・ぽっちゃり

マッチョのような逆三角形を作れるので、華奢な人は体型補正できます。

Yラインは、上半身を大きく、下半身を細く見せるコーデ法です。

主にロングコートやダウンジャケットを合わせるコーディネートで使います。

気になるところを全部隠せるので、体型が気になる人と相性が良いです。

  • ぽっこりお腹を隠せる
  • コートを着ると太もも&お尻を隠せる

コーディネートのコツ

スリックのコートを使ったコーディネート

下半身は、テーパードパンツで固定します。

ワイドパンツを選ぶとYラインにならないので注意です。

ちなみに、ストレートタイプの人はジャストサイズのコートを選ぶと、スッキリと着こなせます。

Yラインも難易度が低く、ユニクロのコートと細身パンツだけでもコーディネートできます。

Yラインを作りやすいブランド

  • ノースフェイス【ダウン】
  • デサントオルテライン【ダウン】
  • バーバリー【コート】
  • マッキントッシュ【コート】

Aラインシルエット

Aラインシルエットの特徴
特徴
特に似合う骨格骨格ウェーブ
ナチュラル
特におすすめ人太ももが大きな人・短足の人

Aラインは、上半身がジャストサイズの洋服を着て、下半身はワイドパンツで固定するコーデ法。

また上が目立たないので、足の太さや短足が目立ちにくくなります。

  • サッカーで鍛えた太ももでも動きやすい
  • 華奢な足を隠せる

上半身がスッキリしているので、大人がワイドパンツを履いてもだらしなく見えないのがポイント。

Yラインを作りやすいブランド

  • GU【バギーパンツ】
  • ユニクロ【ワイドフィットパンツ】
  • リーバイスシルバータブ
  • スタジオニコルソン

骨格ストレートは注意したい

骨格ストレートがワイドパンツを履くと、腰回りにボリュームが出やすく着ぶくれして見えます

そこで、以下の点に注目してワイドパンツを選びます。

  • 裾広がりのパンツ【フレア】
  • くるぶし丈
  • センタープレス入り

特にセンタープレスが入ったパンツは、横に広がりにくいのでストレートさんも履きやすいパンツです。

骨格で選ぶワイドパンツは下のページで紹介しています。

低身長にワイドパンツは似合わないのか
大人メンズのワイドパンツはダサい?骨格と選び方で似合うファッションはできる

続きを見る

Hラインシルエット

Hラインシルエット
特徴
特に似合う骨格ナチュラル
特におすすめ人顔が大きな人

Hラインは、上下ともボリュームのある洋服を着るコーデ法です。

リラックス感のある着こなしができます。

  • 体全体の体型を目立たせたくないときに使える

特殊なシルエットなので、デメリットがあります。

  • ガタイがいい人は怖い印象になる
  • 身長が縮んで見える

着ぶくれするので、低身長さんとは相性が悪いです。

コーデのコツ

下半身はワイドパンツで固定ですが、中途半端なサイズ感はNG

ドカッと太いワイドパンツを履きます。

上半身は、ビッグシルエットコートを着用すれば、簡単にHラインが作れます。

Hラインを作りやすいブランド

  • COMOLI
  • ナイジェル・ケーボン
  • GU
  • ZARA

Xライン

Xラインシルエット
特徴
特に似合う骨格ウェーブ
特におすすめ人身長が高い人は、よく似合う

Xラインは、ウエストを絞ったコーデ法です。

Iライン同様にスリムに見えるシルエットですが、よりデザイン性の高い着こなしができます。

ウエストを絞るので、ぽっこりお腹の人は体型が悪目立ちするので注意です。

Xラインの作り方

パンツは、テーパードタイプで固定。

上半身はトレンチコートを着こなす。

ちなみに、ビッグシルエットのTシャツをフレアパンツにタックインしてもXラインを作れます。

Xラインを作りやすいブランド

  • アナトミカ
  • バーバリー
  • グレンフェル

Oラインシルエット

Oラインシルエット
詳細
似合う骨格ナチュラル
特におすすめの人デカ顔の人

Oラインは、卵のような丸みを帯びたシルエットとの対比で、小顔効果を出せます。

サイズが大きくないので、小柄な人や華奢な方も着用できます。

コーディネートのコツ

下半身は、テーパードタイプのワイドパンツで固定。

ストレートパンツを選ぶと卵型にならないので注意。

上半身は、着丈が長すぎないリラックスフィットの洋服を選びます。

  • リラックスフィットミドル丈アウター
  • リラックスフィットショート丈アウター

Oラインを作りやすいブランド

  • COMOLI
  • スティーブン・アラン
  • グラフペーパー

メンズファッションのシルエットまとめ

6つのラインは、骨格と合致すると最もスタイルが良く見えます。

基本となるIラインは、ビジネスや結婚式、お葬式などで使うので、絶対必要です。

シルエットを知ればもっとファッションを楽しめるようになるので、ぜひ参考にしてみてください。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

(アッシュ)

●パーソナルカラリスト1~3級取得
●日本カラリスト協会会員

■165cmと身長があまり高くないので、これまでの経験から、身長・足を長く見せるコーデを考察。
■【きれいめ】【カジュアル】の2つに限定。
■メンズ服は高いものが多いので、コスパの良い服を提案。

-メンズコーデまとめ, 初心者ファッション