スニーカー

【2022年】普段着に合わせやすい身長を盛れるスニーカーブランド9選

身長アップスニーカー

https://ashbfashion.com

ハイテクスニーカーは、身長を盛るときに重宝しますが、選び方を間違うとプロポーションが悪くなってしまいます。

そこで、ボリュームの抑えつつ、自然と身長を盛れるハイテクスニーカーをまとめました。

ヒール高は3cm以上がベスト

スニーカーの選び方

違和感がなく、身長も盛れるスニーカーを選ぶコツは2つあります。

極端にデカいスニーカーは避ける

基本的に、細身パンツとハイテクスニーカーは相性が激悪です。足だけやたら大きく見えてしまいプロポーションが悪くなります

ボリューミーなスニーカー

特に、ナイキのモアアップテンポなどは、バランスが取りにくいので、あまりおすすめしません。今回はなるべくボリューム感を抑えたものだけ選びました。

ヒール高4cm前後を狙う

やたらと盛りすぎると、身長が伸びすぎるため、違和感が出ます。ハイテクスニーカーは、4cm超えるものがほとんどありません。そのため、市販されているものに合わせて4cm前後のスニーカーを選ぶのが基本です。

ヒール高の詳細

みんなが履いているヒール高(4cm前後)なら違和感がないよね、という理屈です。

身長が盛れるおすすめのスニーカー

身長が盛れるスニーカー

ハイテクスニーカーの中でも比較的にボリュームを抑えつつ、身長も盛れる画期的なスニーカーだけ集めました。


モデル名盛れる身長価格機能面
+3.8cm前後13,000円~超軽量EVAソール
ポンプシステムで靴紐いらず
サンダル感覚で履ける
+3.9cm前後15,000円~ビジブルエア搭載で履き心地◎
ハイテクスニーカーの中でも合わせやすいデザイン
+3.5cm前後15,000円~ハイテクスニーカーの中でも合わせやすいデザイン
エアクッションシステムで衝撃をサポート
+3.4cm前後15,000円~

ニューバランスの中で最も人気のあるモデル
加水分解しにくいEVAソール

+3.4cm前後9,000円~低価格・ニューバランス初心者におすすめ
衝撃吸収機能のあるENCAPソール搭載
+4cm前後2万円~ビジブルエア搭載で歩行をサポート
ブームを巻き起こした伝説的モデル
+3.4cm前後5,500円低価格ながらクッション性に優れる
+3.5cm前後15,400円ローテクなので多くのパンツと合わせやすい
+4cm前後28,000円英国職人の技術で作られた高級スニーカー
ENCAP搭載でクッション性&安定性抜群

リーボック【ポンプフューリー】

ポンプフューリー

ここがポイント

  • 3.9cm盛れる
  • ランニングシューズなので履き心地は一品。
  • EVAソールとバリスティックナイロンを使った超軽量スニーカー
  • 足全体をスポンジで覆うかのような履き心地が魅力

ポンプフューリーは、90年代に一世を風靡した名作スニーカー。当時は、空気を使ってサイズ調整できる画期的さから、話題を浴びました。

中央のポンプをプッシュすると、アッパーに空気が入りサイズ調整できます。

ポンプフューリーのサイズ調整
ASH

ちなみに、ポンプ横のボタンをプッシュすると空気が抜けます

一見すると、イカツク見えますが、実は超軽量。362gしかなく(コンバースは394g)ヒールは高めですが、足への負担も少なく軽快な着心地を提案してくれます。

ポンプフューリーの重量感
ASH

ポンプフューリーはランニングシューズだから、歩き心地は折り紙付き

アッパー部分ほぼすべてにクッションが入っており、足をスポンジに突っ込んでいるかのような柔らかい履き心地が!しかもEVAソールなので、かなり軽い。

ポンプフューリー履き心地

一見するとデカくて合わせにくそうに見えますが、実はコンパクト。165cmの筆者が、スキニーパンツと合わせてコーデしましたプロポーションは崩れないので、低身長さんにもおすすめできます。

ポンプフューリーコーデ

ちなみに、4cmほど盛れるので、165cm+4cmで169cmまで伸ばせました。

実は、このスニーカーサイドに空気穴があり、長時間履いてもムレないため、サンダルの代用にもなります。

ポンプフューリーはサンダルの代用になる
ASH

夏用のスニーカーにちょうど良いですね

ポンプフューリーのサイズ

体感だとDワイズくらい、やや小さめで甲が低いので、コンバースやスタンスミスなどの細身スニーカーより+0.5以上がおすすめです。
(甲高の人は+1cm以上)

ポンプフューリーのサイズ感をレビューしました。

ポンプフューリー
【比較あり】ポンプフューリーのサイズ感や使ってみた感想

続きを見る

リーボック インスタポンプフューリー
created by Rinker

ナイキ:エアマックス90

エアマックス90のディティール

ここがポイント

  • 3.8cm盛れる
  • ビジブルエア搭載では着心地◎
  • MAXシリーズの中ではシンプルなデザイン

言わずと知れたナイキの定番スニーカー。同社のハイテクスニーカーの中でも、落ち着いたデザインとスリムなシルエットなので、足が大きく見えずスタイリッシュな着こなしができます。

ハイテクスニーカーの中でも、特に細身の作りをしており、ローテクスニーカー感覚で着用できるのもポイント。ハーフパンツやショーツと合わせても大人っぽく着こなせますよ。

エアマックス90

ナイキのスウォッシュが半分隠れているなど、主張しすぎないデザインで、年齢問わず人気があります。(実際30代40代以上からも人気です)

ヒールが高い靴は疲れやすいのですが、エアマックス90は【ビジブルエア】が搭載されています。踏んだときにかかとが、フワッと沈むようなクッション性があり足全体をサポートしてくれるので疲れにくいです。

エアマックス90クッション性
ナイキ エアマックス90
created by Rinker

ナイキ:エアフォース1

エアフォース1
出典:アマゾン

ここがおすすめ

  • 3.5cm盛れる
  • エアクッションシステムで衝撃をサポート
  • ハイテクスニーカーながらシンプルなデザイン

ナイキのロングセラーモデル、おそらくこの記事を見ている人も知っているはず。ハイテクスニーカーの性能を持ちながらも、ローテクスニーカーの外観なので、いつものスタイルにも溶け込みやすく着こなしも簡単です。

エアフォースワンは、ナイキの中でも横幅がやや広めに作られているので、、ハイテクスニーカーは履きにくいと思っている人にもおすすめできます。

サイズ感

コンバースやスタンスミスと同じくらい、甲高の人はサイズアップ必須。

NIKE AIR FORCE 1 '07
created by Rinker

ニューバランス【CM996】

cm996
出典:ニューバランス

ここがポイント

  • 約3.4cm盛れる
  • ニューバランスの中でも最も人気がある
  • ハイテク感がほぼないので合わせやすい
  • 加水分解しにくいEVAソール

CM996は、同社の高額モデルM996をアジア圏内に生産を移して低価格化したモデル。日本で販売されているニューバランスの中でも、最も人気があり流通量も多いです。

ぱっと見はローテクスニーカーか?と思ってしまうほどですが、本スニーカーは「C-CAP」というEVA素材を使いクッション性と耐久性があり、しかも軽量化も行ってるハイテクスニーカーです。また、EVAソール採用で加水分解にも強いので、すぐに壊れるのは嫌だなーなんて人にもマッチしますよ。

サイズ感

CM996(男女兼用モデル)はDワイズ、足先が細いので注意

ブランドストーン サイドゴア ブーツ 510
created by Rinker

ニューバランス:ML574

ml574
出典:ニューバランス

ここがおすすめ

  • 3.4cm盛れる
  • 1万円前後とコスパ良し
  • CM996同様にハイテク感なく合わせやすい
  • 衝撃吸収機能のあるENCAPソール搭載

高3.4cmほど盛れる、ニューバランスの代表的なモデル「576」の廉価版。足幅の広い日本人に合わせて作られたモデルなので、履きやすい。

価格は1万円前後とリーズナブルなので、初めてニューバランスを買う人にもおすすめできます。カラバリも多く、コーデによって選べるのも良いところです。

サイズ感

ML574(男女兼用モデル)はDワイズですが、コンバースよりも横幅が広めです

ニューバランス ML574
created by Rinker

ナイキ:エアマックス95

エアマックス95
出典:アマゾン

ここがおすすめ

  • 約4cm盛れる
  • ビジブルエア搭載(エアバッグの容量が増加クッション性が高まる)

90年代に爆発的なブームを起こし、一時期は数十万円のプレ値がついた伝説的スニーカー。「40代ならマックス狩り(他人のMAX95を強奪する事件、当時は社会問題となった)という言葉を知っているハズ」

外観はボリューミーな雰囲気ですが、実物はそこまで大きくありません。おすすめは、最も合わせやすいブラックカラー。

サイズ感

かなり小さい(特に横幅とつま先)足が普通サイズでも、コンバースより最低1cmアップが必須です。

NIKE AIR MAX 95
created by Rinker

ムーンスター【Studen】

studenサイズまとめ
出典:Amazon

ここがおすすめ

  • 約3.4cm盛れる
  • 5,000円台で買える圧倒的コスパ
  • 日本人の足に合う3Eサイズで履きやすい

日本のシューズメーカー【ムーンスター】が手掛けるハイテクスニーカー、5,000円台という圧倒的なコスパからメンズ・レディースともに人気があります。

studenは合わせやすい

AIRは入っていないものの、EVAソールによる軽量化、セーフティブラインド(反射材)など、ミニマルな作りをしています。

主にワイドパンツをよく履く方と相性が良いです。

ムーンスター スニーカー 810s STUDEN
created by Rinker
studenのアイキャッチ
ムーンスター810s,studenのサイズ感を9モデルと比較してみた

続きを見る

スタンスミスボネガ

スタンスミスボネガ
出典:アディダス公式サイト

ここがおすすめ

  • 3.5cm盛れる
  • デザインはそのままに厚底にしたモデル
  • ローテクなので様々なパンツに似合う

通常のスタンスミス(ヒール高23mm)を厚底にしたモデル(+12mm)細身パンツ~ワイドパンツまで、余裕で着こなせるスニーカーを探しがしているならベスト。

アディダス スタンスミス ボネガ
created by Rinker

ニューバランス【M1500シリーズ】

m1500
出典:ニューバランス

ここがおすすめ

  • 約4cm盛れる
  • ニューバランスの中でも最高級クラス
  • スリムなシルエットで合わせやすい

最高レベルの素材と技術を使い作られたのが1000番台、その中でもM1500は、メイドインUKの血を受け継ぐマスターピースとして知られている。

高品質な欧州製レザー、高次元の安定感を誇るクッションニングシステム、そしてハイテクスニーカーながらドレスよりな細身ラインと、ハイエンドな仕様。さらに、スッキリしたフォルムは、身長が低い人が履いても違和感がない作りです。

ニューバランス M1500 ワイズD
created by Rinker

盛れるスニーカーの比較表

今回、紹介したスニーカーから比較表を作ってみました。


モデル名盛れる身長価格機能面
+3.8cm前後13,000円~超軽量EVAソール
ポンプシステムで靴紐いらず
サンダル感覚で履ける
+3.9cm前後15,000円~ビジブルエア搭載で履き心地◎
ハイテクスニーカーの中でも合わせやすいデザイン
+3.5cm前後15,000円~ハイテクスニーカーの中でも合わせやすいデザイン
エアクッションシステムで衝撃をサポート
+3.4cm前後15,000円~

ニューバランスの中で最も人気のあるモデル
加水分解しにくいEVAソール

+3.4cm前後9,000円~低価格・ニューバランス初心者におすすめ
衝撃吸収機能のあるENCAPソール搭載
+4cm前後2万円~ビジブルエア搭載で歩行をサポート
ブームを巻き起こした伝説的モデル
+4cm前後5,500円低価格ながらクッション性に優れる
+3.5cm前後15,400円ローテクなので多くのパンツと合わせやすい
+4cm前後28,000円英国職人の技術で作られた高級スニーカー
ENCAP搭載でクッション性&安定性抜群

ちなみに、特にこだわりがなく、身長を盛りたいだけなら低価格なムーンスターSTUDENがおすすめです。

汎用性が高く、盛れる靴なら、エアマックス90が良いですね。

大げさにヒールアップしなければ、おかしな見た目にはならないので、今回のモデルを参考にしてお気に入りの一足を見つけてください。

ちなみに、こちらでは身長を盛れる革靴&ブーツを紹介しています。

身長が盛れる靴&ブーツまとめ
3万円以内でバレずに身長を盛れる革靴&ブーツ【低身長にもおすすめ】

続きを見る

このエントリーをはてなブックマークに追加
  • この記事を書いた人
  • 最新記事

(アッシュ)

日本カラリスト協会会員 パーソナルカラリスト資格

【初心者ファッション】【コンプレックス改善ファッション】を中心に紹介しています。

-スニーカー
-