この記事はプロモーションを含む場合があります。 シューズまとめ

【レビュー】違いは?ニューバランス996・574はどっちがおすすめか徹底解説

ニューバランス996と574の違い

996と574、似ているようで3つの違いがあります。

  • クッションが柔らかい・硬め
  • シルエットがボリューム寄り・細身
  • 耐久性の高い低いがある

そして、これら3つの違いからおすすめの人は以下のとおりです。

  • 996:耐久性を重視する人
  • 574:クッション性のある靴が好きな人

では、簡潔に2つの違いを紹介します。

created by Rinker
new balance(ニューバランス)
created by Rinker
new balance(ニューバランス)

3つの違い

クッション性→耐久性→シルエットの違いで紹介します。

クッション性は574の方が上

クッション性は以下の通り。

特徴
574フワッとした履き心地で軽い
996ちょっと硬いが、走りやすい

574はかかとから指先までフカフカで、砂利道やアスファルトの上も歩きやすいです。

996は硬めですが、地面をガッシリ掴んでくれるので、体がグラグラせず安定して歩けます。

ニューバランス996と574

使ってみた感想は、ショッピングや旅行で使うなら、574が履きやすいです。

996は、歩く感覚を実感できるので、カロリー消費目的のウォーキングに役立ちます。

耐久性は996の方が上

耐久性の違いはこちら。加水分解はソールが剥がれ落ちたり、ヒビが入る現象のことです。

特徴
5743年くらい持つ
加水分解する
9965年以上持つ
加水分解しにくい

補足:574を3年履いていますが、今のところヒビが入っていません。

使い方によっては、長持ちします。

シルエットの違い

2つの違いはこちら。

特徴
574丸みのあるぽってりシルエット
ワイドパンツと相性が良い
996シャープなシルエット
細身パンツと相性が良い

574【右】はボリュームがあるので、細身パンツと合わせると裾にクッションが出やすいです。

574と996を着用した男性

並べてみましたが、996の方が細いです。

ニューバランス黒い996とグレーの574

セットアップに合わせたり、細身パンツに合わせたりするなら、996の方が見栄えが良いです。

サイズ感の違い

どちらも同じサイズで履けます。

特徴
996指先が細い
グッと掴むようなフィット感がある
574指周りにゆとりがある
フィット感は996とあまり変わらない

574は足先の天井が高いので、指を動かしやすいです。

しかし、履き慣れてくると、996の方が心地よいフィットを感じられるのでちょっと不思議です。

黒いスニーカーとグレーのスニーカー

ニューバランスの他のモデルと比べると、どちらも気持ち小さめです。

ゆったり履きたい男性は、0.5cm上げてもいいと思います。

【女性はサイズ上げると、ちょっと大きいかも】

【おまけ】デザインの違い・興味ない人はスルーしてね

996はパーツ類が傾斜しており、全体的にスタイリッシュなデザインに仕上がっています。

996のデザイン

574は、各パーツが長方形に近い形で、パーツ面積も広く、丸っこい外観です。

ニューバランス574のパーツ

シューレースは996が粗編みで横幅も太く存在感があります。

白い靴紐

自分のスニーカーだけなのか、なぜか574のシューレースはほどけやすいです。

ちなみに、素材はどちらも天然皮革です。

574も996も、シーズナルカラー【季節モノ】や限定モデルで素材が違うので、違いを区別することはできません。

筆者の持っている2つの574は【上はNロゴがスエード】【下はリフレクター】素材を使っています。

【まとめ】996・574はどちらがおすすめか

996と574の違いを紹介しました。

筆者が使った感想から、おすすめの人をまとめると。

  • 574:柔らかい履き心地が好き
  • 996:足を長く見せたい、キレイめに履くなら996

足のことを考えるなら574、かかとから指先までフカフカで疲れにくいです。

見た目重視なら996、足がスラっと見えます。

どちらも甲乙つけがたいモデルなので、ご自身のライフスタイルに合うモデルを選ぶといいです。

created by Rinker
new balance(ニューバランス)
created by Rinker
new balance(ニューバランス)
  • この記事を書いた人
  • 最新記事

(アッシュ)

●パーソナルカラリスト1~3級取得
●日本カラリスト協会会員

■165cmと身長があまり高くないので、これまでの経験から、身長・足を長く見せるコーデを考察。
■【きれいめ】【カジュアル】の2つに限定。
■メンズ服は高いものが多いので、コスパの良い服を提案。

-シューズまとめ
-,