この記事はプロモーションを含む場合があります。 シューズまとめ

ADELO【アデロ】の革靴を使った感想をレビュー・評判を調べてみた

ADELOの革靴、評判やサイズ感などレビュー

インスタで、ADELO【アデロ】という革靴を発見。

筆者は165cmとあまり身長が高くないこと、スタイルアップできる靴が好きなこと、見た目も悪くないこと、から興味があり手に入れてみました。

筆者と同じく、ダサい靴は嫌だという方におすすめなのがアデロです。

黒い革靴

今回手に入れたのは人気のラウンドトゥ、普段着・ビジネス両方使えることから選びました。

ASH:アッシュ
ASH:アッシュ

1ヶ月ほど使ってからレビューしました。

良かった点

  • フォルムと素材感は、デザイナーズのような雰囲気がある
  • ボリュームが薄く不自然さがない
  • 見た目と違い超軽量
  • 通気もよく夏も使いやすい
  • 盛れる革靴にしてはブランドイメージが洗練されている

イマイチ

  • 慣れるまで、歩き心地に違和感あり
  • ソールが柔らかく、荒い道は不向き
  • ネット限定販売なので、実物が見られない

アデロがおすすめの人

  • 18歳~50歳の男性
  • スリムなシークレットシューズが好み
  • 成人式など、イベントでカッコいい自分を見せたい
  • 外観をよく見せたい人営業マン・経営者など

アデロの強みと概要

バナーの画像
出典:adelo
特徴
誕生2020年
販売形態D2C【ネット専売】
店舗なし
生産国日本製
盛れる量6cm
サイズ感スニーカーより-0.5cmダウン推奨
返品交換サイズ交換は、何回でも0円で対応してくれる
返品は原則不可だが、商品に問題があったときは対応する

アデロは、男性の魅力を高める【戦闘靴】をテーマにしたシューズブランド。

シークレットシューズはダサいデザインが多い「なら、自然に見えてカッコいい革靴を作ろう!」という理由から誕生しました。

ASH:アッシュ
ASH:アッシュ

D2Cブランドなので、店頭で試し履きできませんが、その分価格に対して品質は良い方です。

ADELO【アデロ】の靴は、甲からトゥ【先端】まで、ナイフのようにエッジの効いたフォルムは、シークレットシューズに見えない美しさがあります。

アデロのシューズをレビュー

かかとは3cmのヒール高ですが、内部が3cmの盛り底で、見た目に違和感がありません。

普通のラウンドトゥシューズと変わりません。

黒い革靴

履き口のボリュームがほぼないので、パンツの裾にクッションができずスッキリしています。

盛りすぎていないので、ヒールシューズほどの違和感はなくオフィスカジュアルにも合わせやすいです。

ASH:アッシュ
ASH:アッシュ

履いてみましたが、足まわりスッキリで違和感なく盛れました。

黒いセットアップを着た男性

筆者が165cm、ADELOを履いて171cmまで伸ばせましたが、足元に違和感がないのがわかるでしょうか。

ASH:アッシュ
ASH:アッシュ

コンビニの棚・店員さんも、目上から見渡せるので、爽快感ありますね。

【ADELOの評判】口コミを調べてみた

評判をまとめると、既存のシークレットシューズよりもダサさと違和感がない靴です。

シークレットシューズなのにカッコ悪くない

(東京都・40代前半男性 会社経営)
実店舗でシークレットシューズを色々試し履きしてみましたが、どの靴を履いてみてもどうしてもしっくりこず、フォルムがカッコ悪い印象でした。

アデロは、カッコよさを大前提で追求されている点が好印象で、品質も高い革靴だと感じ、それが決め手になりました。

今、履いている身となっては、アデロ以上にスーツに合うビジネスシューズがあったら教えていただきたいくらい愛用しています。

">ADELO

自然に見えてジャケパンスタイルも映える

(30代後半男性 会社経営)
シークレットシューズは「厚底のバレバレのダサい靴」という印象を持っていたので、ADELOの写真を見たときは衝撃を覚えました。

一番気になっていたのは見え方で、履き姿を大きな鏡で見たときに、とても自然で脚が長く見える感覚がありました。

オーソドックスで繊細なフォルムなので、ビジネススーツにもよく合っています。

ジャケパンのような少しカジュアルなコーディネートにも相性が良い印象ですね。

">ADELO

筆者から使った感想を一言

ステッチの乱れなし、レザーもしっとりとしており、2万円台の革靴にしては安っぽさがないです。

内部の切り替えもグレーカラーなので、都会的でシックな雰囲気があります。

革靴

外観も盛っている感がないので、シークレットシューズのデザインとして、従来品よりも洗練されています。

ただ、履き心地についてやや特殊なので、次でレビューします。

【レビュー】ラウンドトゥを2週間ほど履いてみた

黒い革靴

アデロの靴を履いた率直な意見を書きました。

  • 履き始めは違和感がある
  • 汚れにくくケアが楽
  • 革は柔らかく足あたりは良い
  • 通気性は良い、夏場でも使える

【履き心地】最初は違和感がある

ADELOの靴は、かかとを盛っているので、シークレット系を履き慣れていないとやや硬めに感じます。

おろしたてのグッドイヤーくらい硬めですが、それが関係してインソールの沈みが少なく身長を盛れる効果が持続する作りです。

革靴

4日目から、足に馴染んで違和感はなくなりました。

ただ、個人差があるので、慣れるまで大体1週間~2週間くらいはかかると思った方がいいです。

  • 30分歩く→ 全然大丈夫
  • 1時間→特に違和感はない
  • 1時間30分→かかとが疲れる

ちなみに、指のところにクッションが入っているので、擦れて痛くなるようなトラブルはありませんでした。(個人差はあるかも)

革は柔らかく足あたりは良い

本体はソフトカーフレザーを使っているので、生地が柔らかく指まで不快感はないです。

サイズ感は、スニーカーよりちょっと大きめ、適度なスペースがあり、夕方の足のむくみも気にせず履けました。

黒い革靴を履いた男性

シークレットシューズにしては軽く、足への負担が少ない

【コンバースオールスター391g】【アデロ351g】【盛れる系革靴450g】と、スニーカーと同系の革靴を比較しても軽めです。

黒い革靴と白いスニーカー

アウトソールがラバー素材です。

天然ゴムソール・プラスチックソールのシューズよりズッシリ感がなく軽快な履き心地でした。

黒い革靴

注意点

一般的な靴よりもアウトソールが柔らかいので、砂利道を歩きすぎると劣化しやすいです。

舗装された道での着用を推奨します。

【素材感】汚れにくく、コーデのアクセントになる

ガラスレザーが苦手な人もいるかもしれませんが、汚れがつきにくいので、毎回ケアが面倒な忙しい人にとっては都合の良い素材です。

革靴を指で押さえる男性

ダークカラーでまとめても、ガラスレザーのツヤ感で軽さを出るので、重苦しい色のコーディネートを回避できます。

暗い色を多用するメンズファッションにおいて、アクセントになってくれる素材です。

ソルブのセットアップ着用

薄手で通気性は良い・夏場でも使える

裏地は、レザーにメッシュを貼り付けているので、生地が薄手で蒸れにくいです。

ASH:アッシュ
ASH:アッシュ

夏場に下ろして履きましたが、スーッとして熱気もこもらないので快適でした。

靴の中

ニオイなども特に感じなかったので、夏場の営業や対面応対で履けます。

ADELOのサイズ感について

まず、筆者の足のサイズを紹介します。

詳細
足のサイズ2E
甲 :普通
横幅:普通
普段の靴サイズスニーカー:27.5~28cm
革靴    :26~27cm
ワークブーツ:27cm

手持ちの靴を比較してみました。

アデロの靴はコンバースのオールスターやエアフォースワンよりもやや大きめの作りです。

サイズ感
アデロ27cm
USAブランド革靴26cm
コンバースオールスター27.5cm
エアフォースワン27.5cm
スタンスミス27.5cm
アディダスサンバ27.5cm
エアマックス9028cm
ニューバランス99627.5cm
バンズオールドスクール27.5~28cm
バンズオーセンティック27.5
バンズERA・スリッポン28cm
クラークスデザートブーツ26.5cm
ブランドストーン(ワークブーツ)27cm

甲の高さ・横幅・足先ともに多少余裕あるの作りですが、縦の長さはちょうどでした。

アデロ は、スタンスミスやオールスターなどの定番スニーカーよりも0.5cm下げてちょうど良いです。

補足

サイズ交換は何度でも無料で対応してくれる。

【まとめ】アデロがおすすめの人

黒い靴

ADELO【アデロ】のレビューをしました。

【オシャレなシークレットシューズがあったらいいな】を実現しており、価格帯や品質・デザインは盛れる系の中でも満足できる内容です。

履き心地は、慣れればスッと軽快に歩けます。

カッコいい革靴が見つからない・・・という方は、ぜひADELOでオシャレなってください。

関連記事、他の身長が盛れる革靴&ブーツはこちら

黒い革靴を履いた男性
最大8㎝!自然と身長を盛れるメンズ革靴6ブランド【低身長さんにおすすめ】

続きを見る

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

(アッシュ)

●パーソナルカラリスト1~3級取得
●日本カラリスト協会会員

■165cmと身長があまり高くないので、これまでの経験から、身長・足を長く見せるコーデを考察。
■【きれいめ】【カジュアル】の2つに限定。
■メンズ服は高いものが多いので、コスパの良い服を提案。

-シューズまとめ